フェンシングのルール

フェンシングのルール

フェンシングの試合ルールに関する情報をまとめているカテゴリです。

フェンシングのルール記事一覧

フェンシングの試合ルール

フェンシングの試合ルールを解説しています。試合方法や試合の流れなど基本的なことを紹介しますので、まずはざっくり理解していただければと思います。試合方法フェンシングの試合は男女別。そしてほかの多くの競技と同様に個人戦と団体戦があります。団体戦では1チーム3名で3対3で試合が進行され、合計9試合行われま...

≫続きを読む

 

フェンシングの種目|違いは何?

一括りにフェンシングといっても、その競技形態にはフルーレ・エペ・サーブルの3種目があるというのをご存じでしょうか。今回は種目ごとの特徴や違いをわかりやすく紹介したいと思います。フルーレフェンシングの種目の一つ「フルーレ」の特徴を以下にまとめます。突きのみが有効で、斬りは無効攻撃権があり、同時突きは判...

≫続きを読む

 

フェンシングのエペのルール

フェンシング競技における種目の一つ「エペ」のルールの特徴を紹介しています。エペ(武器)の特徴細身で軽量なフルーレとは対照的に重量な剣です。そして三角形の断面・曲がりにくく長い剣身・大きくて丸いお椀型の鍔(ガルト)という特徴があります。また長さ110cm以下・重量770g以下・ガードから剣の先端まで9...

≫続きを読む

 

フェンシングのサーブルのルール

フェンシング競技の種目の一つ「サーブル」のルールの特徴を紹介しています。サーブル(剣)の特徴フルーレよりも細身で断面が四角形になっています。長さ105cm以下・重量500g以下・ガードから剣の先端まで88cm以下という規定があります。サーブル(種目)の特徴競技種目としてのサーブルのルールを以下にまと...

≫続きを読む

 

フェンシングのフルーレのルール

フェンシングにおける競技種目の一つ「フルーレ」のルールの特徴を紹介しています。フルーレ(剣)とはフルーレは非常に細身で軽量な剣であり、女性や子供でも扱うことが容易です。長さ110cm以下・重量500g以下・ガードから剣の先端まで90cm以下という規定があります。ブレードの断面は四角です。フルーレ(種...

≫続きを読む

 

フェンシングの試合開始・終わりの掛け声

フェンシングにおける試合開始の掛け声と終わりの掛け声を紹介しています。掛け声はフランス語?国際フェンシング連盟が初めて設立されたのがフランスのパリということもあり、フェンシング競技における掛け声含み用語はほぼフランス語になります。フェンシングの試合を初めて見る人は「何ていってるの?」と思われると思う...

≫続きを読む

 

フェンシングルールにおける反則・レッドカード

フェンシングのルールにおける反則やレッドカードについて一部の例を紹介しています。攻撃の反則フェンシングにおける反則といえば、ルール違反の攻撃により反則がとられるケースが代表的な例といえると思います。例えばサーブルでは剣身まで電気が流れており、それが相手のメタルジャケットやマスクに触れた瞬間に回路が生...

≫続きを読む

 

フェンシングルールにおける攻撃権とは

フェンシングのフルーレとサーブルルールにおける「攻撃権」について詳しく解説しています。フェンシングにおける攻撃権とはフェンシング種目のフルーレとサーブルには「攻撃権」という概念があります。これは「先に攻撃したほうが優先権を持つ」という原則のことを指しています。もしも先に攻撃をされた場合には自分が突か...

≫続きを読む

 

フェンシング用語のフランス語一覧

フェンシングに使用するフランス語の用語を一覧で紹介しているページです。審判が使う用語Rassemblez! Saluez! (ラッサンブレ、サリュ)気を付け・礼の意味。試合開始・終了前の敬礼を促す審判用の掛け声。Prets? ・Allez! ・Oui・Non(プレ、アレ、ウィ、ノン) 左から「用意は...

≫続きを読む

 

フェンシングの審判方法

フェンシングにおける審判は主審(プレジダン)と電気審判機で行われます。今回は主審と電気審判機の審判のやり方について詳しく紹介したいと思います。主審(プレジダン)による審判主審はピストの横に立ち、試合経過を観察し、試合進行を担います。始め・敬礼・終了など様々な掛け声で選手の行動を促すことで試合を円滑に...

≫続きを読む

 

フェンシングの死亡事故とルール改正の歴史

フェンシングは競技は過去何回ものルール改正を行っています。ですが最も大きなルール改正のきっかけとなったのはスクワオリンピック(1980年開催)の金メダリストであるウラジミール・スミルノフ選手の死亡事故です。世界選手権で起きた悲劇的な事故ローマで行われた1982年の世界選手権で、相手選手の折れた剣がマ...

≫続きを読む

 

フェンシングの競技人口

フェンシングの競技人口についてです。日本におけるフェンシング事情などに興味がある方も参考にしてください。競技人口の中心はヨーロッパヨーロッパ発祥の競技ですので、競技人口が集中しているのはヨーロッパ中心になります。一方日本での競技人口は全国で1万人ほどと、スポーツの中ではかなり少ない部類になっています...

≫続きを読む

 

当サイトについて

サイト内カテゴリ