フェンシングの剣の名前

フェンシングの剣の名前

「フェンシングの剣の名前って何ていうのですか?」という疑問を持っている方へ、剣の種類やそれぞれの特徴を紹介しています。

 

フェンシングの剣の名前

フェンシングの競技形態には3種目あります。そして種目名がそのままそれぞれの種目で用いる剣の名前になっています。種目ごとの特徴は【⇒⇒フェンシングの種目|違いは何?】を見て確認していただくとして、それぞれの種目で用いる剣の特徴は以下で説明します。

 

フルーレ
  • 非常に細身で軽量な剣。女性や子供でも扱うことが容易。
  • 長さ110cm以下・重量500g以下・ガードから剣の先端まで90cm以下という規定。

 

エペ
  • フルーレと対照的に重量な剣。
  • 断面が三角形になっており曲がりにくく長いブレード。
  • 長さ110cm以下・重量770g以下・ガードから剣の先端まで90cm以下という規定。
  • 大きくて丸いお椀型の鍔(ガルト)を持っている。

 

サーブル
  • フルーレよりも細身で断面が四角形になっている。
  • 長さ105cm以下・重量500g以下・ガードから剣の先端まで88cm以下という規定。

関連ページ

防具の名前
フェンシングに用いる防具の名前と役割を紹介しています。
ピストとは|サイズ・値段・役割
フェンシングにおけるピストに関する情報をまとめています。ピストの役割や構造、素材、サイズや値段などなど。
マスク|役割・洗い方・素材
まずは皆さんにフェンシングとはどんな競技なのか知ってもらうために、基本的な競技形態とその発祥や歴史について紹介させていただきたいと思います。
ユニフォーム(防具)の特徴
フェンシングにおいて使用する規定されたユニフォーム(防具)についてその役割や特等を紹介したいと思います。

当サイトについて

サイト内カテゴリ